名古屋の吸収式冷温水発生機・ボイラー整備・空調等の各種機械設備なら「FACILITY SEC」へお任せください!

FACILITY SEC ナゴヤ保缶科学工業社

FACILITY SEC ナゴヤ保缶科学工業社

FACILITY SEC 0529119326 受付時間 9:00~17:00(土日祝除く)

沿革

沿革

1960年8月 三口了介、名古屋市中村区水主町一丁目9番地にて創業
1968年3月 名古屋市北区東杉町一丁目1-34に移転
1969年8月 法人に組織変更、資本金100万円
株式会社ナゴヤ保缶化学工業社設立
三口了介、代表取締役社長に就任
1974年6月 資本金300万円に増資
1979年4月 新株式会社ナゴヤ保缶化学工業社設立
資本金1000万円
三口妙子、代表取締役社長に就任
1984年4月 静岡営業所開設
1988年3月 本社社屋竣工
名古屋市北区長田町二丁目17番地
1999年4月 三口大登、取締役に就任
「未利用資源の有効利用」を提唱し省エネルギーの研究、
設計施工を開始リニューアル業務を強化。
設備システム 全体の価値向上をコンセプトとした設計施工を開始
2001年3月 専務取締役関戸健二、取締役副社長に就任
取締役三口大登、専務取締役に就任
2001年8月 ボイラ部を機械設備サービス部に名称変更
機械設備の総合的サポートを開始
冷凍機部を空調サービス部に名称変更
冷凍機単体から空調設備全体へサポート拡大
2003年1月 太陽光発電装置を設置
NEDOとの5年間の共同フィールド事業を開始
2006年2月 代表取締役社長三口妙子、代表取締役会長に就任
取締役副社長関戸健二、代表取締役社長に就任
執行役員制導入により業務の合理化、強化を図る
吉橋博、石田芳裕、加藤和英の3名が執行役に就任
2006年4月 ポンプ設備の省エネルギー診断開始
流量調整、インバータにより省エネルギーを実現
2006年8月 企業理念「価値共創」を提唱
判断基準を利用者の「価値」にあて、その最大化を図る業務展開を開始
通常の整備・修理・維持管理のメンテナンスに、チューニングの概念を導入、利用者毎に設備機器・システム能力の最大化を図るチューニングサービスを開始
2007年4月 チューニングサービスの標準化
リニューアルにおける年間性能評価設計を開始
設備の小規模化、方式の変更など、現在の使用状況に整合したシステムにリニューアル
2008年4月 PMV測定を導入した居室環境快適化研究の開始
2010年8月 資本金を2000万円に増資
Facility SECブランドによる価値共創を提供
2011年4月 国立大学法人名古屋工業大学梅崎研究室と共同で、音認識技術による
機械設備自動劣化診断の研究を開始
2012年4月 有限会社デイクリエイツとICTを活用した機械設備管理、保守管理、
事務処理システムの研究を開始
2013年2月 三口大登代表取締役社長に就任
2013年4月 設備保守管理研究会CIF中部の運営を開始

お問い合せ、資料のご請求、お見積のご依頼はお気軽にどうぞ

  • お電話をご希望の方はこちら
  • メールをご希望の方はこちら
PAGETOP